導入事例

オンプレミス

Office 365、AWSの運用が可能な「MailBase」は大企業におけるハードウェアのコストを抑えられることを期待

「CyberMail」は多様なデバイス環境から利用可能、また、「CyberMail」、「MailBase」を利用することで、メールはデータセンターで安全に保管可能である点によるセキュリティ面の向上を評価

外部から送信されたメール、添付ファイルの原本の閲覧が容易になり、自治体職員のメール関連業務の負荷軽減を実現

自社内の情報保全及び業務効率を共に実現のほか、自社システムとして構築、運用ノウハウを蓄積し、今後システムインテグレーターとして、同メールソリューションの販売を強化

総務省「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対応及びコンプライアンス対策強化のため

総務省「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対応

総務省「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対応

総務省「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対応

運用の効率化及び維持管理コストの低減、セキュリティの向上、現行システムからのシステム移行を容易に出来ることを要件とし、これに加えて、グループウェアとの連携が可能が導入の決め手

添付ファイルの自動暗号化機能、上長承認機能、そして、運用工数やコストの軽減、グループウェアとの連携実績、大規模なメールシステムでの運用実績、Notesからの移行実績も選定ポイント。

JFEグループ向けにメールシステムを提供する立場から、大規模なメールシステムでの運用実績やシステムの導入、運用コストが低いことはが評価ポイント

システム導入費用の削減及び維持管理コストの低減かつグループウェアとの連携、大規模なメールシステムでの運用実績があることが導入の決め手。

スマートデバイスの対応と大規模なWebメールの移行に合わせて、個人のメール検索とメール監査機能を強化

スマートデバイスからのアクセス機能など、 ユーザの操作性と利便性向上、システム管理者の運用・管理業務の軽減などのメリットも期待しています。 その他にも、グループウェア(IntrameriT)との親和性、BCP対策としての可用性、 Webメールシステムの操作性・利便性なども評価ポイント

高機能メールでユーザーの利便性が大幅向上し、スマホでも利用可能に

グループウェアとの親和性が高いという事と、高速レスポンスと大容量メールBOXがセールスポイントであることが決め手になった。

従来のものと比較して安定稼働だけではなく、機能や操作性についても評価しています

2000名の職員がストレスなく利用できるメール環境を構築。グループウェアとのシームレスな連携により、管理運用の負荷が劇的に軽減した。

Webメールの使い勝手の良さ、既存システムから移行方法の見通しも得ることができました。IMAPも安定しており、実績がある点は決め手の一つといえます。

Notesとの連携は必須として、システムの拡張性、高速なメール検索、コストメリットという要件を全部満たしましたからです。

既存のメールシステムに影響なく導入できる、導入のしやすさです。

シームレスな連携ができることはもちろん、対応の窓口が一つになったことも魅力ですね。これは大きなメリットです。

特に評価が高かったのは、出張先や海外でも自分宛のメールが読めること。コミュニケーションが滞らないことにすばらしさを感じます。