メール無害化ソリューション「CyberMail-ST」、OPSWATの「MetaDefender Core」と連携
~幅広いファイル形式の無害化を強化~

サイバーソリューションズ株式会社は標的型メール攻撃対策に有効なメール無害化ソリューション『CyberMail-ST』とOPSWAT JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:皆川 文哉)が提供するセキュリティプラットフォーム『MetaDefender Core』の連携が決定したことを2021年4月23日にお知らせします。

外部インターネットからの標的型攻撃による被害の拡大が止まらない中、多くの自治体や金融機関は、標的型攻撃対策における効果的な防御方法としてインターネット接続可能ネットワークと基幹系ネットワークとを分離する「ネットワーク分離」を実施しています。しかし、メールや添付ファイル無害化及び引渡し処理方法、メールの原本管理など課題があり、業務効率を損なわずメールやファイルに潜む脅威を除去する手法が求められています。

『CyberMail-ST』は企業・団体のインターネットセグメント側で受信したメールをHTMLメールのテキスト変換、URLリンク無効化などのメール無害化処理を行い、安全な状態で基幹系ネットワーク環境に送信する機能に加え、標準機能のメールBOX機能で原本メールをユーザー単位で保存及び閲覧の運用ができるメール無害化ソリューションです。

『MetaDefender Core』のDeep CDR(コンテンツの非武装化と再構築)技術は、110種類以上のファイル形式に対して潜在的に悪意のあるコンテンツを削除・無効化することで非武装化し、ユーザビリティを維持したまま安全なコンテンツを再構築します。完全に検出不能なマルウェア、仮想環境の検出、難読化などの検出回避技術を搭載した標的型攻撃など、既知または未知の脅威を防ぐのに非常に効果的です。

今回、『MetaDefender Core』の連携により、『CyberMail-ST』に受信したメールの添付ファイル内のコンテンツ全てを自動的に無害化処理の上、メールに再添付及び基幹系ネットワーク環境に送信することにより、巧妙な標的型攻撃による情報漏えいを防ぎます。

また、セキュリティとユーザーの利便性のバランスを保ったインターネット分離を実現し、メール経由の脅威やリスクの排除ができ、企業の情報保全の強化及びメール関連業務の負担を軽減への貢献を目指しています。

【製品やサービスに関するお問合わせ

サイバーソリューションズ株式会社 営業本部
電話 03-6809-5858
メール sales@cybersolutions.co.jp

*記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

(C) 2021 CyberSolutions Inc.