Webセミナー♪Office365、G Suiteをご利用中の方へ

テレワークのメールトラブル事例と対策
注意が必要な情報漏洩対策とは

2020年07月09日(木)・16:00~17:00

セミナー情報

自宅から業務を行う場合のメールセキュリティ対策は万全でしょうか?新型コロナウイルス感染拡大防止や交通規制緩和を目的とした民間企業のテレワーク体制。以前まで浸透が鈍かった「働き方改革」は一転し、急速にテレワーク環境の整備が推し進められている状況となっています。しかし、企業内全体に求められているセキュリティ対策ですが、メールサービスを標準利用するだけでは、情報漏洩対策として求められている機能が不足しており、特にOffice 365やG Suiteをご利用されている日本企業においては、それぞれのサービスのみではメールセキュリティ対策は十分とは言えません。在宅勤務体制中は社内外のメールのやりとりが中心となるため、情報漏えいや不正アクセスを抑止するセキュリティ体制が求められます。 本セミナーでは、総務省が提示するテレワークセキュリティガイドラインを読み解き、在宅環境で必要なOffice365、G Suiteのメールセキュリティ機能について解説します。

セミナー概要

概要

テレワークのメールトラブル事例と対策 注意が必要な情報漏えい対策とは

日時

会場

  • オンラインセミナー
  • ※ビデオウェビナー「Zoom」を利用します。
  • ※お申し込み後、詳細な接続手順をご案内いたします。

受講対象者

  • 社内テレワーク導入に携わっているご担当者さま
  • メールセキュリティ強化を課題に感じられている方
  • 社内でOffice365 G Suiteをご利用中もしくは検討中のお客様
  • IT/情報システム/社内セキュリティのご担当者さま
  • ※競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

セミナープログラム

16:00-16:50

総務省が提示するテレワークセキュリティガイドラインを元に、在宅・社外環境でメールを利用する際のOffice365/G Suiteのメールセキュリティ強化方法ご紹介します。
- トピックス -

  • ランサムウェア感染!テレワークのトラブル事例
  • 管理者側でできる対策と社員側でできる推奨対策
  • Office 365/G Suiteの標準メールセキュリティでできること、できないこと
  • ビジネスにおけるメール脅威・リスクを排除する-インバウンド対策
  • 人的作業の「うっかりミス」や情報漏えい対策-アウトバウンド対策
  • 送受信データをすべて保存し監査も対応-メールアーカイブ
  • ビジネスを安全に加速するために-アクセス制御

お申し込み

本セミナーの申込は終了しました。