経営課題解決シンポジウム

セミナー情報

9月7日(水)、日経ビジネスオンライン主催の「経営課題解決シンポジウム データ経営時代に考えるべきセキュリティ・リスク・マネジメント」に参加します。

サイバー攻撃が世界的な社会問題になりつつあります。
中でも、特定の企業をターゲットにする「標的型攻撃」が後を絶ちません。
日本年金機構で発生した個人情報漏洩も、標的型攻撃によるものでした。

サイバー攻撃は質的に大きな変化を遂げており、かつては不特定多数にウィルス感染させることを狙った「愉快犯」が中心でしたが、経済的な報酬を目的に特定企業の情報を狙う 「経済犯・組織犯」へと変わってきています。組織を狙った経済犯の場合、被害による巨大な損失や企業の経営責任につながります。 つまり、どの企業にとっても、セキュリティ・リスクに対する対策は避けられないものとなっています。
時代の変化に伴い、サイバー攻撃のリスクを「経営リスク」の一部と考え、経営層主導で、リスク管理をする体制へと見直していくべきなのではないでしょうか。

本シンポジウムでは、「データ経営時代に考えるべきセキュリティ・リスク・マネジメント」をテーマに企業経営者は過去の顧客情報漏洩事件から何を「課題」として学び、 「どのようなIT」を利活用してセキュリティガバナンス&リスクマネジメントを実現するべきか?といった点を掘り下げます。

弊社セッションにて、
『 「メール無害化」:今、早急に求められる新たなるメールセキュリティ対策とは!? 』をテーマに講演いたします。

ご多用のなか大変恐縮ですが、本シンポジウムへのご参加を心よりお待ち申し上げております。

セミナー概要

概要

経営課題解決シンポジウム

日時

会場

参加費

定員

対象

セミナープログラム

弊社セッション
15:30~16:10

『「メール無害化」:今、早急に求められる新たなるメールセキュリティ対策とは!?』

標的型攻撃やマルウェアの侵入経路の約8割は不正なメール。しかも、今年に入り異常な増加傾向を示し、既に従来の対策では防ぎきれない状況に陥っています。
そこで、現在、根本的な対応策として「メールの無害化」が推進されています。
先行する地方自治体への多くの導入実績から日々進化し続ける「 CyberMail 」での解決策をご提案します。

[講演者]:   サイバーソリューションズ 代表取締役社長 秋田 健太郎

お申し込み

(C) 2020 CyberSolutions Inc.