ユーザー教育なしで簡単導入!誤送信対策実践セミナー

セミナー情報

今昔、情報漏えいはヒューマンエラーに拠る部分が非常に大きいです。外的要因・内的要因の観点から紐解くと、内的要因の情報漏えいがなんと8割にも及びます。

そもそも、莫大な予算を投じてセキュリティ製品を選定・上申・導入したとしても、ユーザー教育が不十分であったり、ユーザーの不注意一つで、会社の信用を大きく揺るがす情報漏えい問題が発生してしまいます。

また、内部要因による情報漏洩が発生すると、企業の信頼を大きく失うとともに損害賠償金などの莫大な損失を招きます。

本セミナーでは、情報セキュリティの普及啓発のための活動に従事するNPO情報セキュリティフォーラム所員柿本 圭介氏をお招き、「今、求められるセキュリティ対策とは~最近の事件から考えておくべきこと~」をお話頂きます。

そして、サイバーソリューションズより利用者には全く通達せず、自動でセキュリティを強化できる仕組みをご紹介します。
★関東以外の企業様でも自社にてセミナーにご参加いただけます!

<自社でセミナーにご参加いただく場合に必要な物>
・インターネットに接続されているパソコン
・VoIPを使用するための機器
 例:パソコンに付属しているマイクとスピーカー、ヘッドセット、またはスピーカーフォン等
 ※備考 : Web会議システム「Cisco WebEx Meeting Center(VoIP利用)」を利用します。

是非ご参加ください。

セミナー概要

概要

ユーザー教育なしで簡単導入!誤送信対策実践セミナー

日時

会場

  • サイバーソリューションズ 東京本社
  • 会場マップ
  • または、お客さまのオフィスからWeb経由でご視聴いただけます。
    ※お申し込みの方には別途メールにて参加方法をご案内させていただきます。

参加費

  • 無料

定員

  • 会場:20名+WEB参加:20名
  • ※個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。
    ※記載されている内容は、予告なく変更されることがあります。
  • プライバシーポリシー

セミナープログラム

15:00~17:00

■セッション1
『今、求められるセキュリティ対策とは』~最近の事件から考えておくべきこと~

「攻撃者が圧倒的に有利」と言われる最近のサイバー攻撃に対し、 我々はどのように立ち向かう必要があるのでしょう?
攻撃者は、標的を定めれば我々についてのさまざまな情報を集めることができるにもかかわらず、我々は攻撃者の実態をよく知らないのではないのでしょうか。
攻撃者は誰なのか?攻撃の目的は何か?

本セッションでは、最近のサイバー攻撃の実態について明らかにした上で、我々一人ひとりがセキュリティに関して今考え ておくべきポイントについて解説します。

[講師プロフィール]
・NPO情報セキュリティフォーラム所員
・情報セキュリティ大学院大学客員研究員
等の立場で、情報セキュリティの普及啓発のための活動に従事。
その他、企業・自治体・教育機関・団体等からの依頼を受け、情報セキュリティセミナーの講師を多数担当。

■セッション2

昨今セキュリティに関する企業様の不安は非常に大きいものになっております。
費用対効果を見込みづらいシステムがために上申しづらい。 しかし、実際になにか問題があった時に槍玉に上げられるのは情シス…。 その為、確実に情報漏えいを防ぐことが出来、ユーザーには全く通達せず、完全自動でセキュリティを担保できる仕組みをご紹介。

[講演者]:サイバーソリューションズ株式会社 営業部

お申し込み