【クラウドメール障害の実態調査2021】
31%がクラウドメール障害で“業務への支障”を経験
5割がBCP対策必須と回答する一方で「障害回復まで待機する」と答える層も

法人向けソフトウェアの開発、販売を行うサイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎、以下当社)は、2021年12月従業員数300人以上の企業の情報システム担当者100名を対象とした、「クラウドメール障害時の実態調査」を実施しました。

回答結果をクラウドメール障害と対策の現状、またこれから導入する際の成功ポイントが分かる調査レポートにまとめました。詳細は以下のレポートをご覧ください。

【クラウドメール障害の実態調査レポート】 http://download.cybersolutions.co.jp/wp/mailservicedown_2022

■主な調査結果
  • 全体では31%が業務に影響するクラウドメール障害の経験がある
  • 経験があると回答したうちの平均経験回数は2.6回
  • クラウドメール障害が発生した場合の対応方法では20.7%が「代替サービスへの切り替え」と回答
  • クラウドメール障害対策が必要だと考える企業は55.4%
  • そのうち約半数が1年以内に対策の検討を予定している

現在、メールは日々の社内外ビジネスコミュニケーションにおいて欠かせないツールとなっており、Microsoft 365 やGoogle Workspaceなどのクラウドメールを多くの企業が利用しています。その中で、BCP(事業継続計画)の観点から、万一のクラウドメール障害に備える「クラウドバックアップメール」を導入する企業も増えていますが、一方でまだ対策をとっていない企業も多いのが現状です。このクラウドメール障害と対策についての実態を把握するべく本調査を実施いたしました。

■全体では31.5%の企業がクラウドメール障害を経験

調査対象となる情報システム担当者に、クラウドメール障害の体験の有無について質問したところ、31.5 %が「ある」との回答でした。また、その平均経験回数は「2.6回」でした。クラウドメール障害は決してごく稀なことではなく、多くの企業で経験していることが分かります。

クラウドメール障害時に「代替サービスへの切り替え」は2割のみ

クラウドメール障害時の対応で「代替サービスへの切り替え」の回答は20.7%のみで、障害時にも業務を継続する体制を備えている企業はまだ少数でした。多くの企業は業務停止や業績影響などのリスクを抱えたまま、障害回復を待つしかないことがわかりました。

5割以上の企業はクラウドメール障害の対策が必要との考えに

一方、クラウドメール障害対策が必要だと考える企業は55.4%、そのうち半数が1年以内に対策の検討と短期間での検討を進めていることから、クラウド障害対策が喫緊の課題として備えを進める企業とそうでない企業に二極化していることが分かりました。

予測困難なクラウド障害で突然利用できなくなるリスクを回避するには?

~調査結果から分かる今の時代に必要なバックアップクラウドメール選定ポイント

従来、導入にも運用にもコストと手間の負担が大きかったバックアップクラウドメールですが、サイバーソリューションズでは短期間且つ低コストで利用できるサービスを提供しています。

バックアップクラウドメールサービス<EMERGENCYMAIL for Microsoft 365 & Google Workspace>

  • 最短0分でバックアップにかんたん切り替え
  • 同ドメイン・別ドメインどちらのバックアップ運用もOK
  • クラウドメール復旧時のデータ移行支援オプション

これからクラウドメールバックアップサービスを導入選定する企業はぜひ参考にしてください。

本調査のより詳細なレポートは、下記ページからダウンロードすることができます。企業のBCP対策やメールセキュリティを強化するための情報収集としてぜひご活用ください。

<調査概要>
調査対象:全国、従業員数300名以上の企業に勤務する情報システム部所属社員
調査方法:インターネット調査
有効回答数:100名
実施期間:2021 年 12 月 13 日~14 日
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がりますので、ご了承ください。

【製品やサービスに関するお問合わせ

サイバーソリューションズ株式会社 営業本部
電話 03-6809-5858
メール sales@cybersolutions.co.jp

*記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

(C) 2022 CyberSolutions Inc.