現在ご利用をされているメールシステムで以下のような、課題や
困っていることはございませんか?
地方公共団体のシステム管理者の方々へ

  • 朝一登庁時等の集中アクセス時に、メールシステムの起動が遅い

  • 24時間/365日安定稼働するメールシステムを構築したい

  • 不審者、災害情報などの緊急のセキュリティ情報を配信したい

  • LG-WAN経由などの重要メールの保全を徹底したい

  • メール送信時の誤送信対策を強化したい

  • 部門代表アドレスの利用形態を把握したい

  • 災害時等に外部から容易にアクセスしたい

  • BCP対策を実施したい

  • 過去の保存メールを簡単に内容確認をしたい

  • 誤って消してしまったメールをユーザ単位で復旧したい

  • システムリプレース時にデータ移行を容易に行いたい

サイバーソリューションズが提供する
トータルメールソリューションは、
これらのお悩み・課題を解決いたします!

公共団体のお客様より
以下のようなお問合せをいただきます
Q&A

特に朝一の登庁時にメールシステムがなかなか起動しなくて困っています。
ご安心ください。CyberMailでは、同時ログイン3000名程度まで負荷無くスムーズに運用することが可能です。
ワークフローや掲示板利用など、グループウェア業務とメールシステムの利用率があがると、システムの負荷が高くなり、ユーザ利用に影響があるんです。
ご安心ください。CyberMailでは、グループウェアシステムとは分離して運用が可能ですので、グループウェア業務の影響を受けません。 しかも、グループウェアとシングルサインオンで連携が可能なので、グループウェアシステムへのログインでそのまま利用が可能です。
最近メールアドレスの漏えい事件を多く聞くけど、なかなか職員に徹底が出来なくて困っています。
ご安心ください。CyberMailでは、メール送信の際、外部のアドレスの件数が多い場合はBCCに変換して送信をすることが出来ますので、メールアドレスの漏えい防止の対策が可能です。
災害時等などの緊急時に庁外からのアクセスを容易にアクセスしたいまた、もしもの際には、外部との連絡手段のため、メールシステムだけでも稼働をさせたいんですが?
ご安心ください。CyberMailでは、モバイルオプションを用意しておりますので、携帯電話やスマートフォンからアクセスが可能です。 また特定のメンバのみに利用制限をかけることも出来ます。なお、庁内のメールシステムが利用できないケースなどは、別サイトでメールシステムを復旧利用できるライセンスも用意しております。
ネットワークの分離利用などの課題がありますが、外部へのメール送信を制御することは可能ですか?
ご安心ください。CyberMailでは、LG-WAN等の外部配送時に上位のネットワークを指定できます。また外部配送を許可させないなど、メールの送受信範囲をユーザ単位で制御する管理機能など提供しております。
LG-WANからのメールなどは安易に削除できないように、メールを保存する仕掛けってありますか?また、誤ってメールを削除をしてしまった場合の復旧は可能ですか?
ご安心ください。MailBaseという、メール保全、監査ソリューションを用意しております。 メールサーバを経由する全てのメールを自動的に保存しますので、ユーザが誤って削除をしてしまっても、メールの復元をすることが可能です。 なお、この復元機能は、特別な仕掛けを用意すること無く、一般ユーザにも機能を開放をすることが出来ます。
メールサーバの容量が決まっているので、古いメールは自動的に削除する運用をしています。しかし、過去のメールが必要なときにメールが無いので、内容を確認できずに困っていますが、何か対策はできますか?
ご安心ください。MailBaseという、メール保全、監査ソリューションを既存のメールシステムと連携することにより、庁内、庁外のメールを全て保存することが可能です。 特にユーザのメールBOX容量には依存しないため、過去複数年分のメールを保存することが可能です。 なお、保存したメールは検索用の情報が付与されているので、送受信者や日付、メール本文、添付ファイルの中身などから容易に探すことが可能です。
システムリプレース時にデータ移行が常に課題になりますが、何かよい提案は出来ますか?
ご安心ください。MailBaseでは、過去のメールを保存しているので、メールシステムが変わっても過去のデータを閲覧利用が可能です。 また、様々なメールサーバと連携が可能であるため、新システムでの継続メール保存が可能になります。そのため、メールデータの移行をする必要がございません。