SPECIAL INTERVIEW

日々良い製品作り・顧客満足度向上を追求する技術部

システムエンジニア、テクニカルサービス、カスタマサービス、クラウドマネジメントのグループ構成で合計17人を有する技術部。
今回は各グループのメンバーを対象に仕事への思いを話してもらいます。

  • カスタマーサービス

    中居 3年目

  • システムエンジニア

    Wilson 5年目

  • システムエンジニア

    岡部 3年目

  • クラウドマネジメント

    香西 3年目

どんな仕事をしていますか?

システムエンジニアグループなので、お客様に提供する製品やサービスの企画、設計、検証などをやっています。

僕も岡部さんと同じグループに所属してるので、主に製品の開発周りと、海外の協力会社とのコミュニケーションも自分の仕事内容です。

私はサポートの仕事をしています。製品を使っていただいてるお客様から使い方が分からないとか機能が分からないとか、障害が発生してしまってメールが届かなくなってしまったという時の問い合わせに対応しています。

クラウドマネジメントグループの一員として、お客様に提供しているクラウドメールサービスと社内システムの運用を含め、トータル的な感じです。

サイバーソリューションズを選んだ理由

僕は新卒1期生で入社しました。元々IT業界に興味があって、色々説明会に足を運んでいる中でこの会社面白そうだなぁと思ったっていうのが理由です。

前職の仕事は主にソフトウェアーの開発でした。これからはメールサービス分野もチレンジしてみたいと思って入社しました。

実は・・・前の職場でCyberMailを使っておりまして、かなり愛着があったもので、半ば強引に潜り込まさせていただきました!(笑)

前職は客先で常駐するようなタイプの仕事だったんで、その現場によって文化も違えばやる事も違います。自分が出来る裁量が限られていました。今度は自社サービスを持っているところがいいなと思って、メールシステムって色々な技術が必要になるし、そういうクラウドサービスの運用しているところに興味があって、自分の成長にも繋がる幅広く仕事していけると思い、入社しました。

入ってみて、想像と違いましたか?

私は元々一部の社員の方とはサポートを受けてたり、お話しする機会が多かったので概ね想像通りのギャップはない感じですね。(笑)

ん・・特になにもないですね。 思ったような面白い会社です。

面接の時に、社長が結構ぐいぐい来る感じだったので、割とああいう感じの会社なのかな?と思ったら、入ってみたら、みんな大人しくあんまり人が絡んでこなくて、あれ?とか思ってたんですけど、飲み会になるとはっちゃける人が多くてすごくオンとオフが・・・はい。(笑)

いいようやね!(笑)

入ってみたら、思ったよりは雰囲気がいいですね。 前の職場は常に緊張状態で遅くまで仕事していました。 今は、ストレス溜まらず、リラックスできる環境で仕事ができて効率もよくなりました。

社長について

見た目は怖いかなと思われるんですけど、実際に怖くはないです。 優しいです。いい人だと思います。

社長と話す機会が少ないですが、元気な人だなーって思っています。

岡部は元気とか言ってたんですけど、割と外向きな感じと中で見せてる感じが結構、違いますね。(笑) 飲んでる時は元気な感じですけど、普段は割りと寡黙なイメージがありますね。

そうだね。 だから仕事中は怖いと思う人がいる。(笑)

確かに元気な人ですね。 入社する前に社長ブログを読んでた時は、すごい熱血系のイケイケの人みたいに思ってたんですけど、実際はもっと繊細に物事を考えてらっしゃる人なんじゃないかなって思いました。 あとは、家が近いっていうのもあって勝手に親近感を。(笑)

上司・仲間について

自分のグループは3人で、上司の小平さんと岡田さんという「明るい安村」みたいな裸族な人と一緒です。(笑)

あはは。似ているね!

上司の小平さんは色々技術を持っているが、すごく謙虚な方です。 岡田さんは結構この業界歴的に言うとすごくベテランで色々知ってて、自分がわからないことを色々やってくれるんですよ。それでそこに甘えさせて頂いてというところがあるんですけど。

上司はですね、本当に遅くまで仕事をしてまして、なぜか22時くらいにならないと帰らない人なんですよ。(笑) でも、優しい方なので何を言っても怒らないし、気軽に色々相談にも乗って頂いたりしています。

中居さんは教育係りなんですよ。

そうですね、特にサポートのチームは新入社員が入った時に一番最初に入る部署なので、そこで製品知識を身につけて他の部署にという形なので、半分は新入社員の方達ですね。

僕の上司はあんまりそんなかっちりとした上司って感じじゃなくて、聞きたい事は気軽に聞けるような感じですね。

そうだね。 友達って感じですね。上司との壁はないです。友達みたいな感じで何でも言える。

僕の同期は部署が違うから絡みがあんまりなくて。仲間はどっちかって言うとウィルソンさんですかね。(笑) 色々助けて頂いたりしています。

年齢とかは関係なく、仕事以外も何でも言える。 みんなと友達のようにコミュニケーションが取れていると思います。ただ、笑い話はやっぱり全部理解するのは難しいね!(笑)

自社製品・サービスに関して

前の職場で使わせていただいてた「CyberMail」、いいメールシステムだと思います。

ちょっと前に地元に帰って友達と飲んでたんですね。来た人たちと話してて、ふとケータイを見たら完全にCyberMailのスマホのUIで、あれって思って。 そしたら弊社のOEMサービスだったんですよ。こういうところで使ってる人もいるんだなって思いました。

私も飲み屋で出会いましたよ。おじさんが、 CyberMailを使ってるんだって。(笑)

それは、うれしいですね!

前職のユーザー視点からすると、操作性はもちろんのこと、管理者としてもコマンドとかで器用に直せたりするので。あとはカスタマイズなどユーザーさんの要望を柔軟に対応できたところはすごく助かります。 今の立場からすと、製品力以外サポート体制もしっかりしているので、安心してご利用していただけます。(笑) 仕事ができて効率もよくなりました。

醍醐味・やりがい

ごめんなさい。質問の意味はわからないです。(汗) 違う回答になるかもしれないですが、品質の高い製品を出せるように頑張りたいなと思います!

それは、目標だね。(笑)

捉え方によるんでしょうけど、社長から無茶振りされたりする事っていうのがあって、全く今やってる業務と違う事やったりするのも気分転換だったり新しい事が色々出来て楽しかったりするので、そういう面ではプラスに捉えて楽しんでやってますね。

30数人くらいの小規模な会社ではあるので、こういうインタビューであるとか、展示会も含めて色々協力して、サポートしていくだけではなくて、色々手伝える機会が多いことです。 サポートしてお客さんの疑問とか解決出来て、障害が早く直ったであるとか、新しい使い方を覚えてもらった時とかはすごいよかったなと思います。

前職が客先に常駐して、いわゆる大企業の中の仕事をやるような感じなので、一人一人出来る事がすごく細分化されるんですよ。でもここだと割と全部出来るので、システムに携わる部分でそこが醍醐味でありやりがいですね。

みんなの回答を聞いて、質問の意味は少しかわかったかもしれない。ありがとう。

これからの目標

上司の小平さんですかね。(笑)

へーー?! どういう意味?

とにかく、自分に厳しく他人にも厳しい。とにかく厳しいんですけど、たまに優しい。そんな素敵な男性なんです。 とにかくサイバーソリューションズの技術は小平さんが支えるっていうことを言っても過言じゃないぐらい色んな知識を持ってて、キャリア的に見ても一貫してずっと技術者でやってるんでそういった技術力の面とかも尊敬できるし、そういう風なところをちょっとでも盗めていけたらいいなと思っています。

確かに小平さんはすごいです。 一緒に仕事して、勉強になるところはすごく多いです。

でしょう!目標として頑張ります。超えます!(笑)

仕事だと、サポート品質の向上ですかね。真面目。 お客様からの声などをほかのグループと共有したり、対策を考えたりしとか。やっぱり真面目。(笑)

できるだけ効率的に仕事することです。 早く帰りたいですが、先輩のヘルプなしでも解決する事を目指しているので・・これからももっと頑張って勉強して、レベルアップしないと!

え、Wilsonはさっき目標らしいことを言ってたよね。 ほかの目標はあります?(笑)

ありますよ! もう一つ大きな目標は、皆さんと飲み会をする時に会話に入るようにしたいです。

無茶振りするよ?(笑)

聞き取れない事とかあるので。 僕は留学生じゃなくて、仕事をする為に日本に来たので、皆と話せるようになりたい。 まだ出来てないですね。頑張ります!