サイバーソリューションズとアシスト、自治体向けネットワーク分離で協業
Web無害化の「ダブルブラウザ・ソリューション」とメール無害化の「CyberMail」が連携し、
自治体のネットワーク分離を強力に支援

サイバーソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎)は株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚辰男、以下 アシスト)が提供するクライアント仮想化製品「Ericom」(開発元:イスラエルEricom Software Ltd.)を基盤とした標的型攻撃対策「ダブルブラウザ・ソリューション」に自治体向け専用にメール無害化機能を新たに実装した「CyberMail」が対応及びEricomパートナープログラムにおけるソリューション・パートナーに認定されことを発表します。

標的型攻撃被害の増加やマイナンバー制度の施行を受け、総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームは「自治体情報システム強靭性向上モデル」を発表し、その中で二要素認証や外部媒体の利用制限のように従来から多くの自治体が取り組んできている内容に加え、マイナンバー等を取り扱う内部ネットワークのインターネットからの分離、およびインターネットメールと内部メールの分離を求めています。しかし、ネットワークごとに端末とメールシステムを分ける場合、導入・運用コストの増大とユーザの利便性低下が懸念されるため、具体的な実装方法について国から一任された自治体の多くが、現実的なネットワーク分離のあり方に頭を悩ませています。

ダブルブラウザ・ソリューションは、統合行政ネットワーク(LGWAN*)内の業務端末から仮想ブラウザ経由でインターネットを利用し、ブラウザの画面転送の通信以外をすべてファイアウォールで遮断することによって、標的型攻撃による情報漏洩を防止し、安全なインターネット利用を可能にします。今回、ネットワーク分離を実現する「ダブルブラウザ・ソリューション」とメール無害化機能を実装した統合型メールシステム「CyberMail」が連携し、セキュリティとユーザの利便性のバランスを保ったインターネット分離を実現します。

■メール無害化転送機能:/product/cybermail/gv/
■ダブルアブラウザ:http://www.ashisuto.co.jp/product/theme/virtualization/doublebrowser.html

「CyberMail」は、大規模で高負荷な環境でも安定した稼働が可能なWEB メール機能搭載の統合型メールサーバシステムです。 また、国内大手企業を中心に15,000 社の導入実績があり、「新技術やグローバル化への対応強化」「圧倒的な管理モード強化」「ユーザー利便性の更なる向上」などが特徴となっています。(http://www.cybersolutions.co.jp/product/cybermail/

今後は、ダブルブラウザ・ソリューションとCyberMailを両社のパートナーを通じて展開していき、自治体のネットワーク分離を支援します。

*Local Government Wide Area Networkの略
自治体情報システム強靭性向上モデルでは、インターネットからのメールであっても、無害化すればLGWAN内に取り込めるとしています。「CyberMail」は、インターネットメールをメール本文内のリンク削除や、添付ファイルの内容をテキスト抽出し、転送メールの本文に挿入することでメールを無害化し、LGWAN側の既存メールサーバに転送することができます。業務端末のメール設定は変更する必要がありません。インターネットへのメール送信もLGWANのメールサーバからCyberMailにリレーしてインターネット側に送ることも可能です。今回、CyberMailがダブルブラウザ・ソリューションに対応したことで、受信したメールと添付ファイルの原本を、LGWAN内の業務端末から仮想ブラウザ経由で安全に確認できるようになりました。

 

【お問合わせ先】
サイバーソリューションズ株式会社
電話:03-6809-5850 FAX:03-6809-5860