鹿児島県、メール無害化転送機能対応の統合型メールシステム「CyberMail」を採用
~総務省「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対応~

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田 健太郎)は、鹿児島県において、当社の統合型メールシステム「CyberMail」(サイバーメール)が採用されたことを発表いたします。

鹿児島県では、総務省が推進する「自治体情報システム強靱性向上モデル」への対応として、インターネットアクセス用のネットワークセグメントにインターネット間との送受信を行うメールシステムとしてサイバーソリューションズの統合型メールシステム「CyberMail」を採用して頂くことになりました。なお、今回システム構築に際しては、株式会社九州日立システムズ殿と連携して、より効率的なシステム環境の運用実現を目指しております。

「CyberMail」は、「メール本文の完全テキスト化(URL 等のリンク情報の削除含む)」・「添付ファイルの削除機能」に加えて、お客様(導入自治体)の運用面を考慮し、無害化転送を行う際に、削除した添付ファイルの内容をテキスト抽出しメール本文内に展開して転送(※特許出願中)の独自開発機能を付加することで自治体職員のメール関連業務の負荷軽減の支援をいたします。
上記オリジナル機能により、常にインターネットメールサーバへの受信確認を行う必要なく、LGWAN メールサーバのメールBOX の確認により、インターネットメールサーバの受信状況及び添付ファイルを開かなくとも、添付ファイルの内容を容易に確認することができるため、双方のサーバを常にチェックするという職員の負荷を軽減することが可能となります。

■インターネットメール無害化転送機能付きガバメントパック:www.cybersolutions.co.jp/product/cybermail/gv/

「CyberMail」は、大規模で高負荷な環境でも安定した稼働が可能なWEB メール機能搭載の統合型メールサーバシステムです。 また、国内大手企業を中心に15,000 社の導入実績があり、「新技術やグローバル化への対応強化」「圧倒的な管理モード強化」「ユーザー利便性の更なる向上」などが特徴となっています。(http://www.cybersolutions.co.jp/product/cybermail/

サイバーソリューションズは、メールソリューションの専門ベンダーとして、クラウド型メールを含め、トータルな企業向けメールソリューションを提供しており、日本企業の独自のニーズに柔軟に対応して、いつでも安心して利用できるメールシステムを提供しています。
この度、鹿児島県をはじめ、多数の公共団体様から高いご評価を頂いた点をふまえ、弊社では新たに自治体向けの専任担当者を増員し、今後、公共分野においても弊社システムの導入を推進する方針です。

 

【お問合わせ先】
サイバーソリューションズ株式会社
電話:03-6809-5850 FAX:03-6809-5860