電子メール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」を機能強化
~検索速度大幅向上。システム管理者検索2倍/個人(ユーザー)検索10倍アップ~

 サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役会長:秋田健太郎)は、国内製品としてはトップシェアを誇る電子メール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」(メールベース)の最新バージョンである「MailBase Ver.3.0 SP1」を本日より提供開始することを発表します。

 MailBase V3.0 SP1 では最新のオリジナル高速メール検索エンジンを搭載したことにより、一千万件のメールでも5秒以内で検索結果が表示され、メールの監査や復元などの管理効能が大幅に向上します。さらに、頻繁に組織変更・職務異動が発生するグローバル企業や各地域に拠点を持つ企業では、MailBase V3.0 SP1のドメインエイリアス(Domain alias)、アカウントエイリアス(Email alias)機能を利用することで全てのメールをまとめて管理・運用することができ、手間とコストが削減できます。また、『個人メールBOX』機能を新たに提供し、ユーザが直接特定の日付や期間を指定することにより、自分宛の送受信記録を簡単に閲覧できるようになりました。

 電子メールはもはやビジネス上で欠かせないコミュニケーション及び情報交換ツールです。企業は如何に重要な情報資産を守れるか、と同時に利便性も安全性も実現することは無視できない課題です。
 MailBase は完全アーカイブ、高速検索、定期監査などの機能を提供し、企業は安心してメール情報資産の保全、検索、管理ができます。

【MailBaseV3.0 SP1強化機能概要】

■検索速度の大幅向上:当社従来製品と比べ、検索結果の表示速度が、システム管理者
               権限で約2倍、個人検索で約10倍も短縮。メールの監査や復元の
               際に、より効率的になります。

■個人メールBOX表示:ログインユーザーの「受信したメール」と「送信したメール」をメール
              BOXの形式で表示。ユーザのログイン時に当日の送受信記録が
              表示され、簡単な「日付範囲検索」として利用できます。

■エイリアス対応 ※1 :ドメインエイリアス、アカウントエイリアス機能を実装し、組織変更の
             場合や職務を多く兼任している場合でも、簡単にメールデータの一元
             管理ができます。

■ActiveDirectory同期:ActiveDirectoryサーバ側で変更された情報はスケジュール機能
            によりMailBase側に同期され、管理者側の管理負荷削減に有効です。

■システムレポート送信機能:設定項目の追加によりドメイン単位やグループ単位でのレポ
                  ートが可能になり、所属のドメインやグループのメール運用状
                  況の把握ができます。

※1メールサーバでメールアドレスに別名をつける機能をエイリアスといいます。どのアドレスに送っても同じ人に届くよう設定できます。

MailBaseの製品情報は>>>/product/mailbase/


【サイバーソリューションズ株式会社会社概要】
●会社名: サイバーソリューションズ株式会社
●設立日: 2000 年1 月
●資本金: 255,594,600 円(資本準備金含む)
●代表者: 代表取締役会長 秋田健太郎
●ホームページ:http://www.cybersolutions.co.jp/
●所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8F
●連絡先: 電話:03-6809-5858 FAX:03-6809-5860

●取材依頼、本リリースに関するお問合わせ先:
            マーケティング担当:陳(ちん) E-mail: mrk@cybersolutions.co.jp

●製品に対するお問合わせ先:
            ソリューションセールスグループ: E-mail: sales@cybersolutions.co.jp