電子メール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」がさらに機能強化
~メールデータ インポート機能搭載 既存データの移行が可能に~

サイバーソリューションズ株式会社は国内製品としてトップシェアを誇る電子メール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」の最新バージョンである「MailBase Ver.3.0 SP2」を12月2日より提供開始することを発表します。

MailBase Ver3.0 SP2 は、標準的なメールファイル形式であるemlファイルやMicrosoft社製品Outlookのデータ形式であるPST/MSGファイルの移行を可能にするインポート機能を新規搭載いたします。この新機能により、メールサーバ、クライントメーラーに保存されているメールデータや既に導入しているメールアーカイブシステムのメールデータもMailBase に取り込み、アーカイブかつ監査対象とする事が可能になります。

また、稼働中のシステムを常時監視するサーバ監視機能の強化、詳細ログ取得が可能となり、より安定したメールアーカイブシステム環境を実現可能となります。

電子メールシステムは、もはやビジネス上で欠かせない情報インフラです。あらゆる企業において、いかに重要な情報資産を継承し、保全していくか、同時に利便性と安全性を損なうことなく実現するかは重要なテーマです。
MailBase はメール情報資産の継承、保全、検索、管理することを実現します。

【MailBase Ver3.0 SP2強化機能概要】
・eml 、PST/MSGファイルのインポート機能
・MailBaseの検索結果をPST/MSG形式で出力
・WEB画面からシステム状況の詳細確認、
 メール通知機能の拡充などサーバ監視機能の強化
・システム詳細ログの取得

より詳細なMailBaseの製品情報は>>>
http://www.cybersolutions.co.jp/product/mailbase/?pr=101202

【お問合わせ先】
サイバーソリューションズ株式会社
電話:03-6809-5850 FAX:03-6809-5860