荏原ユージライトがメール環境をクラウド・SaaS型メールシステム「CYBERMAILΣ」へ刷新
~コンプライアンス対策、管理リソースの軽減、業務効率の向上を一挙に実現~

サイバーソリューションズ株式会社は、鍍金を中心とする表面処理薬品と装置を自動車、建材、水栓金具、電子部品、半導体などの様々な分野に提供する表面処理メーカー荏原ユージライト株式会社(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:小澤 惠二 以下荏原ユージライト)にて、国内最大級1アカウント20GBを提供するクラウド・SaaS型電子メール&メール監査サービス「CYBERMAILΣ」を導入、運用開始する事を発表致します。

■事例掲載サイト>>>http://www.cybersolutions.co.jp/casestudy/jcu/

荏原製作所の関連会社の荏原ユージライトは、2003年にMBOによって独立し、2007年に上場しました。
独立後も荏原グループのメールシステムを継続して利用していましたが、外部からの接続制限・アーカイブ作業・スパムメール対応などの運用の多くに縛りがあった為、スピード化するビジネスには見合わなくなりつつありました。このタイミングにてコンプライアンス対応、個人端末からの情報漏洩リスクヘッジ、メール環境の管理リソース削減を一挙に実現すべく、SaaS型のWebメールサービスの検討を開始しました。

製品選定のポイントとして、ストレスなく動くWebメール環境、スムーズに導入可能、大容量メールBOXの提供、共有アドレス帳の簡単管理でした。 それらの要件の全て満たし選定されたのが、1アカウント20GBメールBOXを提供するAjax対応クラウド・SaaS型電子メールサービス「CYBERMAILΣ」です。上場企業として内部統制対策に必要なメールアーカイブ・メール監査オプションのラインナップも導入の大きな要因となりました。

システム移行後は、社内からの問い合わせはほとんどなく、手間のかかったスパムメール対応は個人単位で処理できるため業務に影響せず迅速かつ確実な対応も実現し、「CYBERMAILΣ」の共有アドレス帳の利用により、取引先とのやり取り、データの管理が楽になり、今まで煩雑な社内アドレス帳の管理問題が解消しました。メールシステムに求める要件を全て満たしたシステム環境の構築という目的を達成しました。

■CYBERMAILΣ公式サイト>>>http://www.cybersaas.jp/

【CYBERMAILΣについて】
CYBERMAILΣは、一人一人に20GBの大容量メールBOX、アンチウイルス、アンチスパムの機能を標準で搭載、99.9%の稼働を保障するSLA制度も採用している低価格な電子メールのアウトソーシングサービスです。
また、機密性の高い情報を電子メールでやり取りされている企業でニーズの高いメールアーカイブ・メール監査システムをオプションで提供しています。
CYBERMAILΣは、「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を受けたサービスです。

【お問合わせ先】
サイバーソリューションズ株式会社
電話:03-6809-5850 FAX:03-6809-5860