日本ユニシス・エクセリューションズにおいて、生産性とセキュリティの向上を実現した検索ツール導入事例を発表 ~高速全文検索ツールが、「e-5S」活動と「ISMS」取得に貢献~

日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社様において高性能日本語全文検索ツール「CyberFinder」を導入し、運用を開始していることを発表しました。

日本ユニシス・エクセリューションズ社様では、製造業で有名な5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を参考に「e-5S」を全社展開、机の上の書類を整理し必要なものはスキャナで電子化、ファイルサーバで文書を一元管理することにしました。個人のパソコン内に埋もれている情報も整理され“見える化”を行いました。そこで同時に、可視化した情報を有効活用するために、同社は高速に情報を検索できるサイバーソリューションズの検索ツール「CyberFinder」を採用、導入しました。導入後は、大量の書類データから目的の文書を探す手間が減り、現場の生産性が大幅に向上しました。
また、文書の可視化および検索、管理が容易になったことで、ISMS の取得に大いに貢献しました。

今回の導入で、社内に散在する埋もれた情報や重要な情報が一元化され、セキュアに管理されることで、生産性向上とセキュリティの向上が実現したことは、内部統制を行う上でも重要な意味があると考えられております。

>>>導入事例ページ

(C) 2020 CyberSolutions Inc.