メール監査機能を大幅に強化したメールアーカイブシステム「MailBase」最新版をリリース ~メール定期監査通知機能搭載、検索機能の大幅強化でコンプライアンス体制支援へ~

メールアーカイブ・監査システム「MailBase」(メールベース)のメール監査機能を大幅に強化した最新版「MailBase」Ver.2.8 をリリースしたことを発表します。

ここ数年、企業は社会的責任を重視し、積極的に企業コンプライアンスの整備を推進しており、コミュニケーション基盤のひとつである電子メールにおいても、監査の仕組みを構築するためメールアーカイブシステムを導入する企業が増えております。

サイバーソリューションズ(株)が提供するメールアーカイブシステム「MailBase」は、大手企業を中心に100 社を超える企業で利用されておりますが、これまで以上に効率良くメール監査の運用が行えるよう、今回のバージョンアップでは、エンジンやメール監査の機能を中心に、大幅な強化を行いました。

新たに実装されたメールの定期監査通知機能は、管理者が設定したキーワードに基づき自動的に監査結果を指定先へ通知する機能で、日々のメール監査運用の負荷が軽減されるようになります。また、メールの検索機能においては、添付ファイルの属性検索や、メールの流通方向(社外→社内、社内→社外、社内→社内)による絞り込み等の機能が盛り込まれ、きめ細かい監査に対応できるよう拡充が図られております。

今後ますます厳しくなるビジネス環境において、コンプライアンス体制の整備が一層強く求められますので、大手企業だけでなく、セキュリティ意識の高い先進的な中小企業に対しても導入して行きたいと考えております。

>>>MailBaseの製品紹介ページ

(C) 2020 CyberSolutions Inc.