サイバーソリューションズがNotesメールデータ移行支援サービス提供開始
~移行工数を最小限に抑え、高い再現性と効率的な移行を実現~

サイバーソリューションズ株式会社は、IBM Lotus Notes/Domino(以下、ノーツ)のメールデータを国内9,500社以上の企業で利用されているWebメール機能搭載の統合型メールサーバシステム「CyberMail(以下、サイバーメール)」とコンプライアンス・内部統制対策を支援するメール監査・メールアーカイブシステム「MailBase(以下、メールベース)」へデータ移行を支援するサービスを本日より提供開始することを発表いたします。

ノーツメールデータ移行はノーツサーバ上のデータだけではなく、サーバの制限容量を超えた各クライアントPC上で保存されている過去メールデータやアドレス帳も移行しなければなりません。その為、データの移行には莫大な工数と高い技術的なノウハウが求められ、結果的に「過去のメールのためだけに生かし続けておく」という選択肢を選ばなければならないケースが多く見受けられました。

「ノーツ マイグレーション To サイバーメール / メールベース」は二つのサービスから構成されており、ノーツメールデータの移行工数を大幅に削減及びコストを最小限に抑え、データの再現性を最大限継承しつつ、効率的な移行を実現し、ノーツ過去資産を最大限活用できるようになります。

■サービス名 ノーツ マイグレーション To サイバーメール
          ノーツ マイグレーション To メールベース
/cybercare/notes-migration/

■提供開始日 2011年5月10日

■提供価格  350万円~

■初年度目標 50社

【ノーツ マイグレーション To サイバーメール】
ノーツメールで持っているリッチテキスト情報等を高い再現性を保持しながら、Webメール機能搭載の統合型メールサーバシステム「サイバーメール」へ移行支援するプログラムとなります。移行後、全てのデータはサーバ上で一元管理可能となり、セキュリティ向上やメールクライアントの負荷軽減が可能になります。
■移行対象データ
 - ノーツサーバ上のメールデータ/アドレス帳データ
 - ノーツクライアント上のメールデータ/アドレス帳データ

【ノーツ マイグレーション To メールベース】
ノーツメールデータをメール監査・メールアーカイブシステム「メールベース」へ移行支援するプログラムとなります。移行後、期間単位でデータベースを生成し管理が可能となる他、パーソナル検索機能により、過去メールを管理者やユーザ毎の権限内で検索活用することが可能になります。過去データの管理を容易にするだけではなく、メールデータ有効活用も可能になります。
■移行対象データ
 - ノーツサーバ上のメールデータ/ローカル、リモートジャーナル上のメールデータ
 - 各クライアントPCに複製したローカルメールアーカイブ

※IBM Lotus Notes/DominoはIBM Corporationの商標です。

【お問合わせ先】
サイバーソリューションズ株式会社
電話:03-6809-5850 FAX:03-6809-5860